プロミス

即日融資とか業界用語は知らなくても、プロミスと聞いて名前を知らない人はほとんどいないでしょう。CMもバンバン流れていますし、街中での看板や店舗を目にする機会も多いです。
プロミスは日本の貸金業者の中でも歴史のある消費者金融であり、貸付実績も国内有数です。初めてお金を借りようかという人にとっていかに借りやすい環境を提供するかといったことに注力してきたこともあってまさに初心者向けのカードローン・キャッシングの一つであるといえるでしょう。

スペックも最高

貸金業者というくくりで見た場合、スペックはほぼ国内最高と言って良い水準です。
金利は4.5%~17.8%でこれはライバルでもあるアコムよりもさらに低金利です。もちろん他の貸金業者と比べても間違いなく低金利であり、これ以上の低金利ということになると審査が厳しくなる銀行カードローンくらいしか見当たりません。
また、初めて利用する人であれば簡単な条件クリアで30日間無利息にもなります。ちょっと給料前の数万円がほしいといった場合には無利息でお金を借りることができるというのは大きな魅力です。

即日融資を利用するには

プロミスで即日融資を利用するのであれば、公式サイトによると2つの方法があります。
その1
振込融資
申し込みを早い時間に済ませることで契約を早く終わらせ、指定口座に振り込んでもらう方法です。
大まかな流れは

1.申し込み入力
2.プロミスによる審査
3.書類提出
4.在籍確認
5.契約
6.振込

という感じです。振込するには銀行の稼働時間帯でなければいけませんから、14時30分までには契約完了しておく必要があります。もっとも、審査自体が他の申込状況に大きく左右されてしまいます。予め余裕をみておいて13時くらいには契約完了させるつもりで申し込んだほうが良いでしょう。
ちなみに銀行振込が間に合わなかった場合は翌営業日の振込になります。銀行が稼働してないとだめということは土日祝祭日もNGです。
例外もある
基本的には14時30分までに申し込み完了しておかないと即日融資は難しいという話をしましたが、一部、例外もあります。それはプロミスが提携している三井住友銀行かジャパンネット銀行に口座を持っている場合です。この2行は提携関係にあるためか、いつでも24時間振込融資に対応してくれます。プロミスの審査自体が22時までですから、22時までに審査完了して契約できれば、あとは振込先に三井住友銀行かジャパンネット銀行を指定すれば即日振込が可能になります。
その2
カード発行を受ける
プロミスは無人契約機をあちこちに持っていますから、そちらに出向いてローンカードを発行してもらえばすぐにキャッシングが可能になります。わざわざ契約機があるところまで出向く必要がありますが、それさえクリアできればこちらも即日融資が可能になります。
振込融資とは異なりますから銀行の営業時間に振り回される必要もありません。
おおまかな流れは振込融資の時と変わりありませんが、
書類提出
在籍確認
契約
キャッシング
は無人契約機に出向いて行う作業になります。要するに
ネットで申し込み⇒無人契約機で契約⇒ATMでキャッシング
という流れになるわけです。無人契約機の場合はよる22時くらいまで営業しています(無人契約機によっては21時まで)。それまでに申し込みをしておけば、即日融資が可能になってきます。

コメントは受け付けていません。