無人契約機ではなく自動契約機

20160423113531即日融資であれ何であれ消費者金融や銀行のカードローンを利用するにはまず契約をしなければなりません。即日融資も含め、融資の契約方法はいくつかありますが、代表的なものにATMのような契約機での契約があります。 一般には無人契約機などといわれていますが、アコムやプロミスなど大手の消費者金融はこの契約機のことを無人契約機とは呼ばず自動契約機と呼んでいます。 対面でのやり取りを必要とせずに契約できることから、利用を検討している人の心理的なハードルを下げることに功奏ししていますし、即日融資を受ける際も自動契約機があるおかげで審査~融資実行までの時間の大幅短縮につながっているといえるでしょう。
無人契約機とはいっても本当に無人なわけではなく、実際には別室の事務所に係の人が待機しており、カメラで迷ってないか確認をしたりしています。無人というイメージからか、自動販売機くらいにしか思ってない人もおり、機械を雑に扱うケースもあるそうですが見られていますので注意しましょう。常に視線を意識しながらの行動が必要です。
即日融資を受けるためには、この自動契約機は非常に便利なものとなっています。直接自動契約機に出向いて審査~カード発行までを済ませることもできますが、審査にはそれなりの時間がかかるためネットで審査の手続きを済ませ、結果連絡を受けてからカード発行のみを近くの自動契約機で行うケースがあります。
これだとすぐに現金を必要としている人で振り込み融資ができない15時~夜間22時頃の間でも即日融資を受けることが可能になります。

 

アコムの自動契約機

20160423113713無人契約機といえばアコムというくらいにメジャーなのが、むじんくんです。むじんくんのおかげでアコムはバブル期以降に大きく契約数を伸ばしたと言われることもあるくらい無人契約機の代名詞ともなっていますが、上記のとおり無人ではありませんしアコムは自動契約機といっています。
アコムのむじんくんは設置場所にもよりますが、22時まで稼働しているところが多いようです。
15時以降で現金が必要な人はネットから申し込みをして審査結果を待ち、審査通過したら自動契約機『むじんくん』でカードを受け取ってお金をおろすという手順が良いでしょう。
もし楽天銀行に口座があるのであれば、審査にさえ通れば24時間いつでも楽天銀行の口座に振り込み融資が可能です。即日融資というより24時間融資可能という状態です。

 

プロミスの自動契約機

プロミスの自動契約機にはアコムの『むじんくん』のような名称はありません。そのまま自動契約機という呼称が使われています。
プロミスの自動契約機も多くは22時まで稼働しています。プロミスもアコム同様に15時以降で銀行振り込みが使えない場合はネットから審査を申し込み、結果を受けて自動契約機でカードを発行してもらってお金を引き出すという手順で即日融資が可能です。14時までの申し込みで即日の振り込み融資が可能です。
また、プロミスの場合はジャパンネット銀行に口座があれば、24時間いつでも振り込み融資をしてくれます。

 

その他の自動契約機

アコム、プロミス以外にも自動契約機を展開しているところはあります。
アイフルは”てまいらず”という名称で、モビットはローン申込機、三菱東京UFJ銀行はテレビ窓口という名称で自動契約機を設置し、即日融資を可能にしています。
申込可能な時間はアコムやアイフルほど長くはなく、三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口は20時ですし、モビットのローン申込機は21時になります。

コメントは受け付けていません。