カードローンの保証人はなぜ不要?

一昔前までは、融資といえば担保か保証人が必須でした。
ですからどこから借りるにしても、借金は非常に重たいものだったわけです。
しかし、カードローンの登場で状況は一変しました。
カードローンは利用者本人の信用力を調査した上で融資しますから、担保も保証人も不要としています。こうすることで利用者からみた敷居を低くするという狙いもあったものと思われます。
さらに、保証人・担保不要とすることで、通常融資もよりも高めの金利設定も可能になっています。
『多少金利は高くてもいいからとにかくお金を貸してくれ』というニーズの方が圧倒的に多いわけです。
基本的に借り逃げは利用者にとってもメリットがありませんからほとんどの人は一生懸命返済します。
しかし中には返済できない人もいて、そういう人への貸倒れを補てんするためにも金利は高めになっています。
また、銀行のカードローンの場合、保証人は不要ですが保証会社の審査に通る必要があります。
契約申し込み時に気づいて驚く人も多いですが、この保証会社、実は消費者金融がなっている場合がほとんどです。
例えば、三菱東京UFJ銀行カードローンの保証会社はアコムです。
「銀行カードローンに申し込むのになぜ消費者金融が?」
と思われることも多いのですが、アコムは三菱東京UFJ銀行と同じ金融グループに属しており、さらに、アコムはこの保証事業を積極的に展開しています。
アコムを保証会社として利用するには、アコムの審査もパスする必要があります。

コメントは受け付けていません。