審査に通りやすい時期はあるか?

20160504072918カードローンの審査は、即日融資であるかどうかにかかわらず常に各社の審査基準を基に融資の可否を判断していますから、時期によって審査結果が大きく違うというようなことはありません。

しかし、いくら審査基準があっても、基準内かどうかを判断するのは最終的には人間です。明らかに融資NGな場合ではなく、判断に迷うようなボーダーライン上の人の場合はタイミングによって通りやすい通りにくいの差があるとも言われています。

ではそれはどんなタイミングかというと、大まかには二つあります。一つは月末や決算期など、会社の業績が一区切りとなる時期。

もう一つはキャンペーンなどを展開して獲得強化している時期です。

企業である以上件数を増やしたい時期がある

会社には業績の目標があります。特に株式上場しているアコムやプロミスを始めとした大手消費者金融や、地方銀行含めた銀行各社の場合はこの目標に対する達成度合いがシビアに問われます。月末や決算期というのはそうした業績が確定もしくは一区切りする時期ですから、仮に業績が芳しくない場合には数値を良くしたいという意識や空気が審査に影響することもあると言われています。

また、会社によってはキャンペーンを実施する場合があります。この時期は当然キャンペーンでの目標がありますから、融資件数を伸ばそうとする意識があります。キャンペーン中にはそうした意識が審査に影響する場合もあるだろうということです。“○○キャンペーン”といった文言がある場合、申し込めば多少は審査結果が良くなるかもしれません。

あくまで可能性の話

ただし、言うまでもなくどちらの場合もあくまで“可能性が囁かれている”というレベルの話です。申し込めば誰でも審査に通るといった類の話ではありませんので注意してください。

基本的には収入や資産と現状借り入れとのバランスが審査には大きく影響します。収入がない人はアルバイトをして収入を増やす、借り入れが多い人は借り入れ件数や借り入れ額を減らしてから申し込むなどの工夫が必要になる場合もあります。

 

コメントは受け付けていません。